怠惰な女子大生の日記

だいたい殴り書き。

森川さんがマジでイケメンだった話

アクセルゼロの体験入学に行きました。

 

ズートピアのニックとかガラスの仮面の速水真澄を演じる声優さん、森川智之さんが直々に指導してくれたの。

すっごいカッコよかった。

演技の時間にチラッと森川さんの方向いたら視線があって眉を「ん?」って感じであげてくれてイケメン感あった。

 

あとみんなの応募用紙しっかり読み込んでたみたいで誰が経験者でーとか経歴とか頭に入ってるみたいだったの。森川さん対話型の授業形式で進めてたんだけど、そういう気遣いが感じられる質問が多くて人間としての魅力ダダ漏れだった好き。

 

森川さんね、発声練習の時少しだけお手本見せてくれたんだけど、空気の振動すごかった。

人間は他人の声をすぐ忘れるって言うじゃない?確かに私も3日経った今日はもう声を鮮明に思い出せないんだけど、空気の振動を肌で感じたから今もプロやべえって気持ちを思い出せる。地声も別に大きい声で話してるわけじゃないのに声がすごく通るの。やっぱりプロなんだなって思った。カッコよかった。声優なりたい。

 

正直親にこんな事言ったら馬鹿にされるの分かってるから言えないんだけどね。実はあの日から声を出すのが楽しくて発声練習つづけてるの。表情も変わったかも。

 

「僕たち声優が若々しいのはいろんなキャラの声を当てる中で色んな表情を作ってるから。表情筋が鍛えられてほうれい線ができないからなんだよ」って森川さん言ってって、あれから顔のたるみを気にするようになった笑

 

私は子供の頃から無表情な子で感情をあんまり表に出さないタイプなんだけど、あれから意識的にほっぺ動かしてる。

 

あと本も読むといいって言ってて久しぶりに文庫本読んだの。『セシルのもくろみ』って言う本。ドラマ化もされてるみたい。でもね、あんまり面白くなかったの。せっかく読んだんだから今度気が向いたら感想書きたいなって思う。

 

森川さんに教えてもらった発声練習や外郎売をつづけたら私の声はもっと良くなるかもしれないし、森川さんのもとで学べるかもしれないのでがんばってみようかなと思う。

 

おやすみなさい。

今夜は東京に行きます!

私は昔から声が可愛いと言われます。

 

唯一の特徴なので声優を目指そうかなと思い、17日のアクセルゼロ体験入学に応募しました。結果見事当選。今夜東京に旅立ちます。

 

自分の才能を見つけて何者かになりたい、そう思います。